0120-963-291

受付時間 8:00~22:00 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 片付け > マンション・アパートのゴミ出しトラブル…よくある事例と解決方法

マンション・アパートのゴミ出しトラブル…よくある事例と解決方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gomi-trouble

ご近所付き合いは、トラブルなく円滑にしておきたいものです。ここではありがちな、ゴミ出しに関するトラブルと解決策をご紹介いたします。

 

事前にトラブルと解決策を頭に入れ、うっかりミスを減らしていきましょう。小さな心がけで、大きなトラブルへ発展することを避けられます。

 

ルールが守れていないと、ゴミの中身を確認されてしまう場合も

集合住宅には、さまざまな年齢や職業、性格の方が住んでいます。ルールに大雑把な方もいれば、真面目できっちり守らないと落ち着かない方もいます。そんな中で起きがちなのが、ゴミを見られてしまうといったトラブルです。

 

ゴミを開けて見る方のほとんどは、悪気があるわけではなく「ゴミの分別をしっかりしなくては」、「ルールを教えてあげなくちゃ」という強い正義感からです。ゴミの中にハガキなどの個人情報が混ざっている場合がありますので、出し方が悪いと「ちゃんと分別してね」などと、直接または人づてに注意されてしまうことがあります。

 

例え注意の内容が正しく、ルールを守っていなかった自分に非があるとしても、ゴミを他人に見られてしまうのは気分が良いものではありません。

 

引っ越しをしたばかりで慌ただしくしていても、お住いの自治体や集合住宅のルールをしっかり把握するようにしましょう。個人情報の流出を防ぐために、シュレッダーをかけて細かくちぎるなどの対策が有効です。

 

改定されたルールも見逃さないようにしましょう

ゴミの分別や回収日についてのルールを把握しているつもりでも、知らない間に改定されていることがあります。自治体によっては、半年に2~3回改定されたといった例も見られます。仕事をしながら家事を完璧にこなすのはとても難しいですが、お知らせの紙などは面倒くさがらずに目を通すようにしてください。

 

ごくまれに回収されると思い込んで出した不用品がルール改正によって未回収となり、さらにほかの住人もそのうち回収されるだろうと見過ごしたまま長期間放置されてしまう場合があります。

 

不用品が紙製品だったら雨などで濡れてゴミ置き場が汚れてしまう恐れがあります。また一般ゴミだった場合は放火や悪臭の原因、害虫やネズミなどの発生源になってしまうといったことも考えられます。ルールを把握して守るとともに、気になることがあるときは他人任せにせず、詳しい方に相談しましょう。

 

慌ただしいときは、プロの手を借りてトラブルを回避してください

一人暮らしでの引っ越しはもちろん、家族での引っ越しはとても大変です。特に共働きであったり、子どもがまだ自分で片付けができない年齢だったりすると、荷造りに時間がかかってしまいます。そんな非常事態に見舞われそうなときは、思い切って不用品回収業者へ依頼をしてください。

 

必要ないものが家からなくなるだけで、ずいぶんと荷物の整理が楽になり、ゴミ分別のトラブルも避けられます。急な引っ越しで、慌てて荷物の整理をしたけれど不用品ばかりだったといったときも、不用品回収業者へご依頼ください。

 

プロの手に委ねてしまった方が、効率よく物事が進められる場合があります。関東にお住まいの方は、私たち片付けマスターズにまずはご相談ください。お客様1人ひとりが快適な生活が送れるよう、全力でサポートしてまいります!