0120-963-291

受付時間 8:00~22:00 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 事業系ごみの処分方法|お店や事業所の一般廃棄物を回収するには?

事業系ごみの処分方法|お店や事業所の一般廃棄物を回収するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jigyou-syobun

会社や店舗から出るゴミは、どのように処分されているかご存知でしょうか?何も知らずに、一般の家庭から出るゴミと一緒に処分をしてはいませんか?店舗や会社か出るゴミは、不用品専門業者に委託をするのがおすすめです。

 

会社や店舗から出される不用品は、事業系廃棄物として処分してください

あまり意識をしたことがないという方が多いかもしれませんが、家庭生活で出るゴミは一般廃棄物に分類されます。会社や店舗、工場や病院、学校といった事業活動で生じる廃棄物は事業系廃棄物といい、さらにそれは事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。

 

事業系廃棄物は、法人や個人経営といった事業規模の大小や廃棄物の排出量に関わらず、廃棄物処理法によって事業者が自ら処理するよう義務づけられています。市区町村によっては、例え少量であったとしても家庭ゴミの集積所に出した場合は、注意勧告や罰則を受けることになります。

 

事業所がある市区町村には、それぞれに指定の処理施設があり、直接廃棄物を持ち込むことによって処分してもらえます。各処理施設では、市区町村によって定められている処理手数料を支払います。ただし、廃棄物の種類や状態などによって持ち込めない場合もありますので、事前に問い合わせておくと安心です。

 

信頼ができる民間の不用品回収業者と契約をしましょう

産業廃棄物は、行政から指定されている処理施設や、一般廃棄物処理業者の許可を受けている民間の業者へ処分を委託するという方法もあります。

 

ただし、許可を受けていない業者と契約をして処理をしてしまうと、廃棄物処理法違反に当たり、5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金が科せられることになるため、必ず許可を受けている業者へ依頼をするよう注意が必要です。

 

しかし、個人事業主や個人商店などのオーナーの中には、処理費用を抑えるために一般廃棄物と偽ったり、無許可の業者に依頼したりといった方も見受けられますが、違法です。

 

民間企業の中には、便利屋や無許可業者、行政指定業者などよりも安価な料金体系でサービスを提供しているところもあります。さらに、これまでの不用品の回収の実績により、スピーディーに適切に対応してもらえます。もし、いま不用品の処理でお困りのことがあれば、インターネット等で検索をして探してみてください。

 

幅広い種類の不用品を回収してもらえる実績がある企業を選んでください

事業系廃棄物を取り扱っている業者を選ぶときは、産業廃棄物をはじめ、オフィス家具やOA機器、業務で発生する重要書類など、幅広く処理をしてくれる業者を選びましょう。

 

また、産業廃棄物の処理には、産業廃棄物管理票(マニフェスト)が必要になりますので、マニュフェストの作成を無料で行ってくれるかといった点もポイントです。

 

これまでの業績が信頼できる企業ほどサービスが充実していて、即日で無料見積もりに対応していたり、マナー講習をしっかり受けたスタッフが応対してくれたりしますので、トラブルも避けられます。