0120-963-291

受付時間 8:00~22:00 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 片付け > 不用品を溜め込まない!ひとり暮らしの片付け術【ワンルームの収納術編】

不用品を溜め込まない!ひとり暮らしの片付け術【ワンルームの収納術編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kataduke-syuunouhen

部屋をきれいに保つためには、それぞれのものの収納場所をあらかじめ決めておくことが大切です。収納場所が決まっていれば迷わずに片付けられますし、どれぐらいのものが収納できるのかを把握できていれば不必要な買い物も減らせます。

 

スキマを上手に有効活用!すっきりしまえる収納づくりのポイント

押し入れやクローゼットが備え付けられていると、工夫せずともなんとか整理整頓ができそうな気になりますが、長く住んでいると不便さを感じるようになってしまいます。特に収納スペースの小さいワンルームの場合は、入居時からあらゆる場所を有効利用していきましょう。

 

【ベッドの下は収納スペースに】
ベッドを置く場合は、ベッドの下に収納スペースを確保しましょう。初めから収納が付いているベッドもありますし、収納が付いていない場合でも隙間に合わせたボックスを置けば、シーツや洋服がしまえます。

 

【キッチンの下はコンパクトにまとめましょう】
シンクの下は、ファイルボックスなどを上手に利用して、ムダなスペースができないようにフライパンや食器類を縦に収納しましょう。100円均一ショップでも便利なグッズがたくさん販売されていますので、ぜひ見に行ってみてください。

 

【使わない布団や洋服は圧縮しましょう】
シーズン外の布団や洋服は、圧縮袋に入れて収納しましょう。冬用の布団など厚手のものは特にスペースを取りますが、圧縮してしまえば、ずいぶんコンパクトになりますのでおすすめです。

 

【傘は玄関の扉に収納するのがおすすめです】
ワンルームの場合、玄関スペースが小さいことが多いので、濡れた傘の置き場所に困ることがあります。そんなときは、圧迫感の少ない玄関のドアに設置できるタイプの傘立てを選ぶと、玄関周りがスッキリします。

 

【トイレの上部も上手に使いましょう】
トイレに収納が付いていない場合は、突っ張り棒を取り付けて上部に収納棚を作りましょう。トイレットペーパーや、トイレ用掃除シートなどを置いておくのに便利です。

 

キレイをキープするためには、購入と処分のバランスが重要です

部屋に不用品を溜め込まないためには、処分と購入のバランスを保つことが大切です。どうしても気に入ったものがあるときは別ですが、基本的には以前使っていたものが傷んでしまったら処分をして、新しいものを購入するといった具合にバランスを取るよう心がけましょう。

 

また新生活をはじめるときは、思い切った不用品の処分も重要です。「使える・使えない」ではなく、「いま使っていないもの」を基準に処分をしていきましょう。多量に不用品がある場合は、不用品回収業者へ依頼をして手間なく1度でスッキリさせるのがおすすめです。