0120-905-210

受付時間 8:00~22:00 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > リサイクル > 不要になった大量のブロックレンガを一度に処分する方法は?

不要になった大量のブロックレンガを一度に処分する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
renga-syobun

ガーデニングや家の外壁づくりにレンガはよく活用されます。以前は赤茶色のものが主流でしたが、最近のレンガは素材や色、形が豊富です。

 

安いものだと1個100円以内で購入できるので、つい欲張って購入しすぎた、ということも。そんな余ったレンガが庭や倉庫に置きっぱなしになっていないでしょうか。

 

今回は、いらなくなった大量のレンガの処分方法についてご紹介します。

 

不燃ごみ?それとも粗大ごみ?実は・・・

安価で手に入りやすいブロックレンガですが、その処分方法はあまり知られていません。

 

1つ、2つであれば、横浜市のように不燃ごみとして回収を行ってくれる自治体もあるようです。

 

しかし、「建築廃材」として「産業廃棄物」に該当するブロックレンガは、家庭から出る一般廃棄物を管轄する自治体では回収できないことがほとんど。

 

この場合、自治体に紹介してもらった産業廃棄物の業者と連絡をとり、ご自身で直接業者へ持ち込むか、出張回収を行ってもらう必要があります。

 

回収費用は1個100円から。大量のレンガだと10000円以上かかることも。

 

ご自宅に直接回収に来てもらう場合は、さらに出張費用が2000円~10000円ほど加算されることもあるので、事前に確認をとることが重要です。

 

リサイクルショップに売る

商品として店頭に出せるほど状態が良いブロックレンガであれば、リサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。

 

あまりに数が多すぎると、断られてしまう可能性もあるので、事前に確認の電話を入れておくことをおススメします。

 

いくつかのリサイクルショップに目星をつけておき、小分けにして持ち込むのも良いでしょう。
状態がよくないものでも、資源として回収を申し出ることもあります。その場合お金は出ませんが、処分費用もかかりません。

 

処分が大変な大量のブロックレンガは『片付けマスターズ』にお任せください!

普通の家庭ゴミとして処分できないブロックレンガ。

 

1つや2つなど少量の場合は、お庭に埋めたり、重石にしたりと、そのまま放置しておくこともできますが、大量にある場合はいつまでも庭先を陣取り、あまりすっきりしません。

 

リサイクルや産業廃棄物の業者へ持ち込む手段もありますが、量が多いとなるとかなりの重労働。

 

そんなブロックレンガを確実に処分するには、不用品回収業者に依頼することが一番です。

 

『片付けマスターズ』は、電話またはメールでご連絡いただき次第、関東全域に無料でお見積りに伺います。作業にかかる金額は、すべて事前のお見積りで納得していただいた上で回収します。
ブロックレンガなどの重量や数のある不用品にお困りの方も、是非ご連絡ください!